The big size miniature is the main
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



GTA1300-001.jpg

今回の「1/18シリーズ」は第27、28弾として、
アルファロメオの2台を一緒に紹介させて頂きたいと思います。
前回紹介させて頂きましたはらさんからプレゼントしました
「125 S」を”第26弾”としてカウントさせて頂いております。



1台目は昨年購入しました、
商品名「1965 GIULIA SPRINT GTA」で、
香港に拠点を持ち中国本土で生産する
「YatMing(ヤトミン)」というミニカーメーカーの
1/18サイズの「Road Signature」シリーズです。

92348.jpg
購入した時はこういう通常のクーペスタイルでしたが、

DSC04776.jpg
前後のバンパーとナンバーを取り、

ALFA-LOGO-002010.jpg
ロゴをこんな感じに自作しました。

2台目は、
先月購入したミニチャンプスの「GTA 1300 JUNIOR 1972」です。
色違いでイエガーマイスターのも発売しておりますが、

GTA1300-042.jpg
私は「ミニカーファン」2007年3月のVol.16に掲載されて以来、
京商に何度か問い合わせてしまったくらい(笑)欲しかった1台でしたので
迷わずこちらを選びました♪


いつものように「アルファロメオ」の歴史に触れてから
ミニカーの紹介に入らせて頂こうかと思いましたが、
今回は以前より個人的に興味のありました
アルファロメオのエンブレム(紋章)などについて記述させて頂き、
「Giulia Sprint GTA」と「GTA 1300 Junior」の
実車の2台について軽く紹介しつつミニカーを見比べてみたいと思います。

先月中旬からちょこちょこ書き足したり、
それぞれの画像が2台分あり
かなり長い記事になっていると思いますので(^-^;A
興味のない方はスルーして頂けましたら幸いですm(_ _)m


【「Alfa Romeo」の名の由来】
「Alfa Romeo」の「Alfa」は、
Anonima Lombarda Fabbrica Automobil
(ロンバルダ自動車製造会社)のそれぞれの頭文字から、
「Romeo」は、
1915年よりアルファ社の経営の実権を握った
「ニコラ・ロメオ(Nicola Romeo)」の名に因んで付けられました。

【エンブレム (Serpent and Cross) の由来】
アルファロメオのトレードマークは、
ミラノ市の紋章とミラノ一の貴族である
ヴィスコンティ家の紋章を組み合わせたものです。

GTA1300-032.jpg
ミラノ市の紋章

左半分は、
上記のミラノ市の紋章である白地に赤い十字架の紋章で、
第一回十字軍遠征のときに聖地エルサレムの城壁を最初に登り、
そこにキリスト教のシンボルである十字架を立てた兵士
「ジョバンニ・ロー(Giovanni da Rho)」がミラノ出身で、
後年十字軍の英雄として扱われたことに由来し
ミラノ市の紋章として制定されものです。

GTA1300-033.jpg

そして右の蛇は、
ヴィスコンティ家の紋章である大蛇の紋章で、
第一回十字軍の遠征行軍中、
ヴィスコンティ家の初代「オットー・ビィスコンティ(Otto Visconti)」が
サラセン人と決闘となり倒した相手の楯に刻まれていた紋章、
大蛇こと「人を呑み込む竜」を
それ以来ビィスコンティ家の紋章にした。
という故事にちなんだものを合体させたものです。

1910年に最初のアルファである「24HP」が製作された時、
製図技師であったロマーノ・カッタネオと
デザイナーのジュゼッペ・メロージが
一緒に考えたマークがこのアルファロメオのエンブレムの始まりです。

GTA1300-030.jpg
その後1972年にナポリに工場を開設したことから、
エンブレムから 「MILANO」の文字を消しつつ何度かの変更が行われ、
上記の画像の通りお馴染みのエンブレムへ至ります。

【四つ葉のクローバー(Quadrifoglio)の由来】
アルファ・ロメオの上級モデルに付けられる
クアドリフォリオのエンブレムは、
シボッツィというレーシングドライバーが
元々ヨーロッパで幸運のシンボルであった
四つ葉のクローバーの加護を得るべく
1923年のタルガフローリオで、
「RL Targa Florio」が優勝した時に付けていたのが初めだそうです。

GTA1300-035.jpg
その後、
このマークは歴代モデルの最高性能バージョンに付けられるようになり
戦前戦後を通じてサーキットを席巻したアルファロメオのマシン群が
一様にこのマークをつけていたことから
「四つ葉のクローバーの恐怖」という言葉さえ生まれたそうです。


そして、
今回紹介します2台のミニカー「Giulia Sprint GTA」と「GTA 1300 Junior」の
実車についても軽く触れさせて頂きたく思います。


【Giulia Sprint GTA (1600cc) 1965~1969】

GTA1300-024.jpg

”GTA”の称号を名乗る名車によって生まれた伝説は
この「Giulia Sprint GTA」から始まりました。
ベルトーネによって1963年に生み出された「Giulia Sprint GT」。

その名車をベースに幾多のモデルが発表される中、
1965年に「Giulia Sprint GTV(VELOCE)」のデビューに併せて
一台の”スペシャル・ジュリア”が登場することとなったのが
本格的な高性能モデル「Giulia Sprint GTA」です。

”エボリューションモデル”と呼ぶにふさわしい
この「Giulia Sprint GTA」は、
「Giulia Sprint GTV」を軽量化する手法として
基本モノコック以外のボディパーツにアルミ軽合金を使用していたことと
防音制震材の類いを全廃しドアノブも単純にし、
エンジン関係やホイールにマグネシウムなどを使い、
グリルの大きさも小さくするなどで徹底的な軽量化を図り
Giulia Sprint GTVに対して約300kgもの軽さを実現しておりました。
そのため、
イタリア語で「軽量」を意味する
“Alleggerita”の頭文字「A」を冠した「GTA」の名が与えられました。

GTA1300-023.jpg

また、
新設計のヘッドや大径ウェーバーキャブレターを採用し
ツインプラグ・ハイコンプレッション仕様となり
115psにまでパワーアップしたエンジンを搭載するなど、
テクノロジーの面でも大幅な改良が加えられ、
FIAルールで定めるところのグループ1/2ツーリングカーレースへの
参戦を前提とした市販レースカー仕様となっておりました。
そして、
その類まれなポテンシャルは、
数々のレースシーンにおいて存分に発揮されました。

さらに“アウトデルタ”の手によって 170psというハイパワーを実現し、
「Giulia Sprint GTA Corsa(コルサ(レース仕様))」として
ETC(ヨーロッパ ツーリングカーチャンピオンシップ)に参戦したこのモデルは、
1966年、1967年、1969年にタイトルを奪取。
さらに多くの耐久レースなどにおいても勝利を手にします。

Giulia Sprint GTA の宣伝に使われた当時のキャッチフレーズ、
『あなたが通勤に使っているその車は、チャンピオンマシンそのものです』が
その価値と性能を的確に表現していますね。

【GTA 1300 Junior 1968~1972】

GTA1300-027.jpg

1968年に“GT 1300 Junior”のレース仕様として
生まれたモデルが“GTA 1300 Junior”である。
外観はノーマルモデルである「GT 1300 Junior」と
大きく異なることはなかったが、
「Giulia Sprint GTA」同様、
ボディにアルミ軽合金を採用することによって
大幅に軽量化したボディとアウトデルタにより
160psにパワーアップされたエンジンを得た「GTA 1300 Junior」は、
数々のレースにおいて栄光を勝ち取っていきました。

GTA1300-028.jpg

ベルトーネのデザインによるボディー外板は軽合金製で、
1.3Lクラスツーリングカーレース制覇を狙った
アルファロメオが搭載した得意のツインカム1290ccエンジンは、
ジュリエッタ系や「GT1300ジュニア」とは別物で、
それまでの1600ccエンジンの超ショートストローク版です。
ツインプラグに45φツインチョークウェーバーで
850Kgの軽量ながら96馬力を発揮し175Km/h出たそうです。

その性能はレースで十分に発揮され、
1968年から1972年の間にわずか447台しか生産されなかったうちの
300台がレース用のコルサモデルで、
アウトデルタチューンのそれは160~165馬力から
210Km/h以上を出したと言われています。


ここからミニカーの紹介ですが、
ヤトミンの「GIULIA SPRINT GTA」、
ミニチャンプスの「GTA 1300 JUNIOR」という順に
全ての写真を載せたいと思いますので
見比べて頂けましたら光栄でございますm(_ _)m
DSC046991.jpg
GTA1300-002.jpg
GIULIA SPRINT(上)のシュッとした顔は個人的に好きですが
1300 JUNIOR(下)の「バブルフェンダー」と呼ばれる
アルミボディーにカウルをリベットで留めオーバーフェンダー化され
トレッドも超ワイドになったためフロントはとっても迫力がありますねぇ!

下から覗くシルバーのモノはオイルパンで
軽量のマグネシウム合金製で
8リッター程度のオイルを納めていたそうです。

並べて見てみますと作り込みは明らかなほどに違いますね~
メッシュのグリルだけを見てもその差は明らかなほどです。

また、
Aピラーの立っている角度が違うのが気になりました。

GTA1300-005.jpg
GTA1300-004.jpg
リアもフェンダーとトレッドの違いは如実で
テールライトの再現は顕著に違いが分かる箇所ですね。

GIULIA SPRINT(上)の真ん中の穴は
ナンバーが取り付けられていた箇所で
このままではちょっと格好悪いですね(^-^;A

GTA1300-007.jpg
GTA1300-006.jpg
GIULIA SPRINT(上)のマフラーは上の画像でありますように
通常の後方排気ですが
1300 JUNIOR(下)のは、
サイド出しのレーシングマフラーで格好いいですねー♪

合わせ面、チリはご確認頂けますように
悲しいほど確実にそれぞれのクオリティを表しております。

記載し忘れておりましたが、
GIULIA SPRINT(上)に上記の作成したロゴを貼り付けた際に
サイドのラインも付けましたが後方がやや角度を下げ過ぎたかしら・・

GTA1300-009.jpg
GTA1300-008.jpg
それぞれの写真を見てお気づきかも知れませんが
GIULIA SPRINT(上)の方は近年のフェラーリのような明るいレッドで
1300 JUNIOR(下)はやや暗い深みのあるレッドです。

塗装状態は雲泥の差で、
ヤトミンのGIULIA SPRINT(上)は
お安いだけあってマダラな部分も多く粗が箇所箇所で目立ちます。
ミニチャンプスの1300 JUNIOR(下)は裏側も手抜かり無く
素晴らしく良い塗装でロゴやラインはタンポ印刷です(^v^)

GTA1300-011.jpg
GTA1300-010.jpg
このモデルはよく「段つき」や、
「寄り目」等の愛称で呼ばれる事があるアルファですが、
フロントライトの上、ボンネットの外側の端に斜めに段差が付いており、
また、その後のモデルにはこの段が無くなった事から
区別する上から来ている愛称です。

GTA1300-013.jpg
GTA1300-012.jpg
リアガラスの形が明らかに違うのが個人的に気になった点ですが
色々な写真を見る限り、
ここまでではないもののそれぞで形が違う形状のようです。

また、
GIULIA SPRINT(上)のピラーの太さは言うまでもありませんが(笑)
前述のAピラーの立っている角度の違いも含めて
ここの違いをご存じの方いらっしゃいましたらご教授下さいませ<(_ _)>

GTA1300-019.jpg
GTA1300-018.jpg
ホイールは14インチの
オリジナルのカンパニョーロのマグネシウムホイールです。
パッと見似てますが形状が違いますね。

GIULIA SPRINT(上)の穴に墨入れ致しました。

この画像でリベットの感じがよく分かりますが
ミニチャンプスは手の込んだ型を作ったようですね~

GTA1300-043.jpg
GTA1300-044.jpg
恒例の「開くトコロ全部あけてみました」の図です!

構造上GIULIA SPRINT(上)のボンネットはほとんど開きません(^^;;)
また、大きな違いとして
ドアの開き方が違うことが見比べられますね。

GTA1300-045.jpg
GTA1300-046.jpg
そして今回も後ろからも。

ミニカーのドアの開き方は2種類あり、
GIULIA SPRINT(上)のように
作りを簡略化したミニカー独特の「ドッグレッグステー」による外開き方と、
1300 JUNIOR(下)のように実車と同じ開き方をする
「内ヒンジ」と呼ばれる造形の違いがあります。

GTA1300-037.jpg
GTA1300-036.jpg
2台ともに内装はいたってシンプルなためか、
作り込みの違いが一番出てしまう箇所ですね。
言うまでもなくミニチャンプスの方が3倍ほど良いです!

そのミニチャンプスの1300 JUNIOR(下)には
ロールバーが付いており安全のためというより、
剛性アップのためと言っていいほど細いものが付いてます。

バケットシートやウッドステアリングに味があり、
この時代のレーシングカーの雰囲気がよく出ております。

GTA1300-017.jpg
GTA1300-016.jpg
違う型のエンジンとは言え、
同じサイズのミニカーとは思えないほど
エンジン周りの再現はメーカーと値段により
ここまで違うのかと感じる良い例ですね(笑)

1300 JUNIOR(下)はボンネットの裏側の造形にも手を抜いておらず
ツインプラグ化したことによるコードのもっさり感など
堅実な再現力は流石ミニチャンプスです!

GTA1300-015.jpg
GTA1300-014.jpg
トランク内やその周りの仕上げ方は
文章で説明いたしますより、
この画像でレベルの違いが理解頂けるのではないでしょうか!?

1300 JUNIOR(下)の方は、
オーバーフェンダー化されたことにより
フューエルキャップの位置がトランク内に移動され
そのパイピングもモデル化されております。

GTA1300-020.jpg
GTA1300-022.jpg
余談ですが、
画像は1300 JUNIOR(下)の左サイドにあるロゴで
フロントと両サイドに付いています。
これは唯一デカールで再現されており、
京商やAaほどプリントは精密ではなく
ピンぼけしたかのように滲んで「AUTODELTA」文字が読めません(^_^;


上記でも話の出た「AUTODELTA(アウトデルタ)」とは、
オリジナルの信頼性・快適性をそこなわずに
最高のパフォーマンスとスタイリングを与えることを理念とする
英国アルファロメオ・チューナーで、
それはかつて、
アルファロメオのコンペティション部門を指す言葉でした。

1963年に結成されたアウトデルタは、
1966年にはアルファロメオに吸収合併されましたが
アウトデルタが独立した技術集団だった3年間という短い期間内に、
アルファロメオより委託生産先として選ばれ
開発と生産をした「TZ」は有名な1台ですね。
TZ2-01.jpg
TZ2-02.jpg
(画像は「TZ2」)


DSC04682.jpg
DSC04681.jpg
折角なので今回は裏側も。

GIULIA SPRINT(上)はよくある感じですが、
1300 JUNIOR(下)は裏面も全体が塗装され
エグゾトのモデルとはいかないまでも
通常見えない所も再現&塗装されとっても好印象です(^0^*

DSC04679.jpg
と、
始終GIULIA SPRINT(上)は引き立て役になってしまいましたが、
個人的にはこのような”ゆるいモデル”は嫌いではありません(^v^)

この画像のように、
まるで走り込んだかのようなタイヤなど(左)、
この味わい深さは他にそうそうあるものではありません(*^_^*)

!cid_B1156F78F6624470AC2432D0213CF442@yourwub69gr7ty.jpg
また、
気軽に扱えるミニカーですので違うタイヤを履かせてみたり、
サイドミラーを外して楽しんだしりております(^_^)


そこそこ作り込まれたモデルと、
同系の”ゆるいモデル”を一緒に並べ鑑賞しつつ
それぞれの個性を楽しむのもミニカーの楽しみの一つでは!?
と自分に納得しながら(笑)締めくくらせて頂きますm(_ _)m


今回もまたまたダラダラと
長い記事になってしまいましたが(^^;;)
最後までお読み頂けた方、誠にどうもありがとうございますm(_ _)m


最後にお気に入りの1枚を♪
GTA1300-026.jpg
コメント
この記事へのコメント
すばらしい!
kojiさん、こんばんは。
お久しぶりです。
以前に頂いたフェラーリF1&ケースは大事に飾らせて頂いていますよ。

さて今回の記事、アルファロメオの歴史からGTA 1300 Juniorの詳細な生い立ちは勉強になりました。ありがとうございます。

私もGTA 1300 Juniorは大好きです。
最近は益々、このスタイルに惚れこんで来ました。

ミニチャンプスの1/43モデルは持っていましたが、最近、1/18のイエガーマイスターが発売されたのを知り、思わず購入してしまいました。
しかし、1/18 GTA 1300 Junior赤はまだ京商HPのリストに挙がっていないですよね?
ネットshopにも無いですが、ヤフオクには出ていますね。(正式に国内へは入っていないのかな?)

kojiさんの比較などの数多くの画像を拝見したら、欲しくなってしまいましたよ〜
2009/02/08(日) 18:32 | URL | siotarou #Imfn6zns[ 編集]
siotarouさん こんばんは!

お久しぶりです(^0^*
おおっ
あのF1ケース飾って頂いておりますか!
それは誠にどうもありがとうございます<(_ _)>
嬉しいです♪

いえいえ〜、
私は「Giulia Sprint GTA」と「GTA 1300 Junior」の違いが
いままでハッキリと分かっておらず、
今回自分にとっても勉強するよい機会となりました。

siotarouさんもGTA 1300 Juniorは大好きでしたかっ(^v^)
私もこのスタイルが大好きで憧れの1台でございます!

ミニチャンプスの1/43モデルもお持ちで、
1/18のイエガーマイスターも購入されたのですね(≧∇≦)b
仰りますように、
「1/18 GTA 1300 Junior赤」はまだ日本では正式に流通してないようですねぇ〜
私は我慢できず、また10,500円とそんなに高くなかったので
ヤフオクにて手に入れました(^o^)

このモデルは出来が良く格好いいのにお値段もお手頃ですので
今イエガーマイスターのも欲しくなっております!

siotarouさんも1/18 GTA 1300 Juniorの赤、
縁がありましたら是非ともゲットして下さいね(´▽`)ノ
2009/02/08(日) 22:35 | URL | koji #JalddpaA[ 編集]
そういえば
さっき、偶然に
タムタムで
イエガーマイスターの
見てきたばっかです。

∩(゚∀゚ )
2009/02/09(月) 20:33 | URL | RAN #LYJgwvco[ 編集]
こんばんは。

GTA 1300 JUNIORは京商サンクス1/64でトラウマになった人もいるのでは。反動で1/100の方は何台も揃えたひとも多いかも。でも、京商のって、このPMAのモデルみたいに下ブクレじゃなかったような(持ってないから知らないんですけど)。下ブクレはレース用のオプションなんですかね。M4の1/43Giulia1300GTA(Juniorとは書いてないんですけど)で我慢しておきます(これも下ブクレじゃないです)。最後の写真のモデルが出たら買おうかな〜(嘘)。最近、Aa1/18のFordGT LM TestとPMA1/18のPorsche956LMロスマンズ(たばこデカール無いけど)を買ってしまって金欠です。

ガチンコミニカー塾さんでイエーガーマイスターの方を紹介されてましたが、両方ともかっこいいですね。

そう言えば、PMA1/18のTipo61#98は第何弾でしょうか?

RANさん、密かにあっちのブログの切り番を狙ってたんですが、10001でしたorz。
2009/02/09(月) 22:20 | URL | ました #JalddpaA[ 編集]
こんばんは^^
いつもながら詳しい説明&綺麗な写真!
でも今回は・・・
自作ロゴに目が釘付け!
参考にさせていただきます。
って言うか・・・
拝借させて下さい。(笑)
いつ使うかは???ですが^^;
2009/02/09(月) 22:30 | URL | げっち #ZsjQ0mUE[ 編集]
ました さん

>>密かにあっちのブログの切り番を狙ってたんですが

ゲッ! 放置プレイしてたら
いつの間にか 10000 越えしてるっ! Σ(゚Д゚; エーッ!!

自分も 切り番を狙ってたのに‥ (笑)

( T Д T )


ちなみに こっちで
焼き直しみたいなブログ
やってます!

放置中ですが‥(笑)

http://ameblo.jp/ran1140/

∩(゚∀゚ )


自分は コレ予約して 金欠中です。

http://artstorm.co.jp/exgokin_ultrahawk.html

(^_^A゛


2009/02/10(火) 23:33 | URL | RAN #LYJgwvco[ 編集]
RANさん こんばんは!

おおっ
TamTamでイエガーマイスターのを
見てきたばかでしたか(^0^*

値段的にも造形的にもかなりお薦めの1台ですよ♪
TamTamではおいくらでした??
2009/02/11(水) 20:16 | URL | koji #JalddpaA[ 編集]
ましたさん こんばんは!

京商サンクス1/64のアルファロメオ、
あの時期はかなり夢中になって集めていたのを思い出します(^o^)
私は2箱を箱買いしておりましたので
GTA 1300 JUNIORは無事に入手できましたものの
SZの赤が結局手に入れらなかった淡い思い出があります(笑)

仰りますように、
あの京商のGTA 1300 JUNIORは今回紹介させて頂きました
PMAの「下ブクレ」ことバブルフェンダーの
コルサモデルではありませんでしたねぇ
M4のを含めまして各社から「下ブクレ」ではない
シュッとした感じのモデルがリリースされており
とっても格好いいです♪

最後の写真のモデルではありませんが、
先日の「ニュルンベルグ トイショー 2009」に
白×緑#35も展示されておりあのカラーリングは琴線です(^0^*
http://www.mintmodels.com/index.asp?PageAction=Custom&ID=25

この中にAaの1/18サイズのレヴェントンも載っており
期待が高まりますねぇー(≧∇≦)
ただ、ガルウィングの合わせ面がキレイ過ぎるので
シェルボディだったりして・・(^_^;
http://www.mintmodels.com/index.asp?PageAction=Custom&ID=28

おおぉ
最近Aa1/18のFordGT LM Testと
PMA1/18のPorsche956LMロスマンズを買われて金欠でございますか

どうやらGTA 1300 JUNIOR ロッソは3月下旬発売予定らしいですよっ
もしその頃に余裕がございましたら是非!
http://www.1999.co.jp:80/10084486

あっ・・
PMA1/18のTipo61#98の紹介、すっかり忘れておりました(^-^;A
幾つか紹介すべく準備中ですので
その後に紹介させて頂こうと思いますですm(_ _)m

RANさんのブログ、
「10001」とは切り番ゲット惜しかったですねぇ
私は10024でした(笑)
2009/02/11(水) 21:25 | URL | koji #JalddpaA[ 編集]
げっちさん こんばんは!

いえいえ、
いつもお褒め下さり恐縮でございますm(_ _)m

自作ロゴですが、
幾つかの資料を元に作成しましたもので
もしかしたらオリジナルと違う箇所があるかも知れませんが、
ご自由にご利用頂けましたら光栄です(´▽`)ノ

使えそうでしたら、
ジュリアTIのリメイクにでもっ♪
2009/02/11(水) 21:31 | URL | koji #JalddpaA[ 編集]
kojiさん、こんばんは。
前回のミニカー、「第26弾」として認定してくださり、ありがとうございます(*^^*)

今回は、一気に2台ですか!
それぞれ個性があって面白いです。
こうやって見比べてみるのも、楽しみ方の一つですね^^
2009/02/14(土) 00:37 | URL | はら #RQcA4r4s[ 編集]
はらさん こんばんは!

いえいえ、
こちらこそどうもありがとうございますm(_ _)m

今回は当初ミニチャンプスのみの紹介のつもりでしたが
同系のモデルも持っていたのを思い出し
一気に2台の紹介とさせて頂くべく
記事を修正しておりましたら以上に長くなってしまい、
また、まとめ直すのに四苦八苦してしまいました(笑)

しかし、
仰って頂けましたように
それぞれの個性を見比べやすくなり
やって良かったと思いました(^0^*
2009/02/14(土) 20:12 | URL | koji #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kojizm.blog93.fc2.com/tb.php/146-45e04581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。