The big size miniature is the main
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



512BB-01.jpg
今回は「1/18シリーズ」第23弾、
京商のフェラーリ 512BBです!

512BBは以前よりとても欲しいモデルでしたがすでに販売が終了しており
ややプレミア価格になっていたため「再販されたら買おう。」と、
思っておりましたら予想通り(!?)の再販が開始され
また、
塗装状態も良さそうなので迷わず購入いたしました♪

前書きをちょこちょこ書き足しているうちに
いつもより更に長くなってしまいました・・(^−^;
お時間のある方は暇つぶし程度に
稚拙な駄文を読んで頂けましたら光栄です。
興味のない方はササッとミニカーの紹介までとばして頂けたと思いますm(_ _)m


フェラーリ・ストラダーレのフラッグシップとして、
365GTB/4・デイトナと550マラネロから現在に至る
「FR12気筒モデル」に挟まれた”23年間”、
フェラーリは「ミッドシップ12気筒モデル」がフラッグシップの座におりました。

ちなみに「ストラダーレ」とは、
ストリートを意味するイタリア語で、
ホモロゲーションモデルなど、
レーシングマシンの市販バージョンという意味で車名に冠せられる呼称です。

時は1960年代後半、
現在はモータースポーツにおいて”空力”が勝負を分ける最大のポイントとして
注目され開発されている現状とは違い、
この当時は車を軽くし重心を下げ、
燃料機関が生み出すパワーをいかに発生させるかが支配的な考えでした。
故エンツォ・フェラーリはエンジン出力に強い執着を持っていたという話は有名ですね。

ミッドシップレイアウトに移行する前の
デイトナの頃の時代の技術では、
「FRレイアウト」はフロントアクスルの構造材の干渉避けることは難しく、
エンジン搭載高を下げるには限度がありました。
また、
エンジン冷却用のラジエターは一定以上の面積が必要でありながら
体積は最小限にしたいという欲求があり、
常に車の先端に直立して設置されたため
如何にエンジンを低く積むかを当時の設計者は腐心したそうです。

このデイトナをフラッグシップとしてフェラーリがロードカーを販売していた頃、
つまり365GT4/BBの開発がスタートされる僅か3ヶ月前に
エンツォはロードカー部門をフィアットに売却しました。

コンペティション・シーンで活躍するマシンと
その成績にしか強い興味を抱かなかったエンツォの姿勢と態度は
フェラーリと言う組織のルーツを辿れば理解に易いですが、
簡単に言うとレースでは成績は良いフェラーリでしたが、
市販車はあまり売れず経営はかなり危なかった訳です。

そこでエンツォは株式の49%と
レーシング部門の完全な指揮権は手元に残し、
ピエロ・ラルディ・フェラーリに10%、
ピニンファリーナに1%、
そして残りの40%をフィアットに売却いたします。

そのような提携状態で、
デイトナの後継機365GT4/BBから始まる「ミッドシップ12気筒モデル」は
フィアットの意思と開発計画で進められました。

FRレイアウトの古いパッケージと
段階的に厳しさを増す事がすでに確実であった
最大の輸出先である北米の排ガス規制と安全基準を満たすべく
フェラーリのフラッグシップモデルをそれぞれの基準に満たし
エンジンを低く設置できメリットの多い
ミッドシップ・レイアウトに移行すべくフィアットは決定します。
しかし、
フェラーリに先駆けてランボルギーニの「ミウラ」や「カウンタック」はすでに
ミッドシップ・エンジンによる高性能ロードカーの市場を牽引し始めておりました。

そして、
ライバルであるランボルギーニに対抗すべく
フェラーリはそれよりも前から実用化に挑戦しつつ躊躇していた
水平対向エンジンに答えを求めます。
水平対向(180°)V12気筒エンジンは難物だったそうですが、
ティーポ512などのF1マシーンに載せ熟成させ実用化に成功します。

フェラーリは「レースで培われた技術の転用」、
「レースと市販車の強力なリンク」という裏打ちと評判を
市販車販売の武器にしているのは周知の話ですね。

高出力を発揮したその水平対向(180°)V12気筒エンジンと
ミッドシップ・レイアウトの組み合わせは絶大な運動性能を発揮し、
デイトナ以降の
365GT4/BB→512BB→512BBi→テスタロッサ→512TR→F512M
の23年間をフェラーリ・ストラダーレのフラッグシップとして
”ミッドシップ水平対向12気筒モデル”が君臨し続けます。


同じような外観で、
前モデルの「365GT4/BB」と「512BB」が京商より発売されており
何故512BBを選んだかは「スーパーカー」が流行った時に
より記憶にあり憧れだった事が大きな原因です(笑)
しかし、
クルマ的な性能は365GT4/BBの方が上で
ミッドシップ水平対向12気筒モデルの中で一番車重が軽く
乗りやすさという点を考えずパワー最優先指向に作られ
ホットありながら繊細でシャープなジャジャ馬的な色味が強いクルマでした。
それは、
フィアット主導前のフェラーリが目指した
オリジナルの設計や作り手の意図に近く、
本当の意味での”BB”と言えるマシンが365GT4/BBなのです。

365GT4/BBは当初25〜50台とされていた、
”実験”的な生産計画だったそうで、
石油ショックの渦中にありながら
世界中から予想を遥かに上回るほどのオーダーを受け
増産による増産を重ねますが
ボディワークを担当していた(同じくフィアットグループに入った)スカリエッティは、
軽量化のために採用したマグネシウムパーツやFRP製のカウル、
すでに過去の工法となっていた手叩きや
パワーハンマーを使っての極めて生産性の悪さに悲鳴を上げ、
さらに、厳しい排気ガス規制による追い打ちもあり
512BBへとマイナーチェンジをいたします。

512BBはスチール・プレスパーツや
アルミ・ダイキャストパーツによって高い生産性が得られたものの
車重は200kg以上も重くなってしまいます。

このマイナーチェンジでフェラーリはそれまでのパワー至上主義を捨て
出力は380馬力から360馬力へダウンしますが
排気量を約600ccアップさせトルク指向にすることで
低回転域での使い勝手やマイルドな扱いやすさを重視し
当初描いていた「スーパースポーツ」としての”BB構想”は
顧客受けする「超高級・高性能 GT(グランツーリズモ)カー」へと
12気筒フラッグシップの位置を変更しました。

その進路変更により、
「フェラーリ=スーパースポーツ」と言う
当時の固定概念を根強く持つジャーナリスト達から
酷評を受けたらしいですが、それに左右されることなく
企業にとって大切なセールスという意味において成功を収めたモデルです。
そしてその変更は、
512BBiの後継機、”飛ぶように売れた”と言われた
「テスタロッサ」の大成功に繋がっていきます。

名前が出た各車の生産台数は、
・365GT4/BB(1973〜1976年) 387台
・512BB(1976〜1981) 929台
・512BBi(1981〜1984年) 1007台
そして、
テスタロッサ(1984〜1992年)は、
驚く事に7,177台も売れたそうです(((((;゜Д゜))))

512BBからテスタロッサへの流れは、
1981年に北米での排ガス規制に対応するため、
キャブレーションをインジェクション化した「512BBi」にマイナーチェンジされ
(「512BBi」の「i」は「injection(インジェクション)」の意)
スペックは340ps/46kgmと更に馬力を下げてトルクを太くし、
良好な始動性、低回転域での扱いやすさは増しました。
そして、
1984年のパリ・サロンで登場した
テスタロッサにフェラーリのフラッグシップの座を譲ります。
(その後の512TRなどの話はまた違う機会に。)



「512BB」の車名の由来は、
「365GT4/BB」の1気筒あたりの排気量「365cc」と
伝統的な由来からきており、
その方法を採用すれば512BBは「410GT4/BB」となるところですが、
表示方式をディーノ式の排気量と気筒数の組み合わせで、
「5リッター」、「12気筒」から引用しました。

「BB」は「ベルリネッタ(クーペ(屋根付き)」
「ボクサー(水平対向エンジン)」の略称です 。


カウンタック、ポルシェ・ターボなどと共に
今回紹介しますフェラーリ 365GT4/BBと512BBは
”スーパーカー”として当時の少年達に特に人気があり
当時強烈な衝撃を与えたクルマ達で
私はその「スーパーカー世代」の後半世代かと思いますが
カウンタックLP400対365GT4/BBではなく、
赤いウィングの付いたカウンタックLP500S対512BBのライバル対決!
みたいな記憶があり思い出深くとても印象に残っております。

「スーパーカー世代」と言いますと、
現在30〜40代の世代を言うらしいですが、
今のように流行が一過性ではなく
結構長い間ブームが続いていたように感じます。
個人的には「カー消し」から「キン消し」に興味が移った頃に
私の中でのブームは変わっていった気がします(笑)

また私の勝手な当時の印象では、
カウンタックが”正義の味方”的な印象で(笑)、
512BBは”悪役”的な印象を持っておりました(^-^;A

後出しのフェラーリ車がカウンタックの最高速300km/hを超える
302km/hを出す事にズルを感じたのか、
カウンタックの直線的なデザインが少年達に分かりやすかったのか(笑)、
512BBの赤×黒のカラーリングや
当時大人じみたデザインと感じた、雰囲気に起因したのかも知れません。
ただ、
カウンタック贔屓な雰囲気が確実にあったような・・
私の周りでは同じような印象も持っていた者が多いです(笑)

個人的にミッドシップV12モデルのフェラーリは好きで
現在は512BBもミニカーを買うほど大好きな1台ですo(´▽`*)/♪


何はともあれ、
フェラーリと言うとF1での活躍や、
高級ブランドとして老若男女からの認知度も高いメーカーですが、

創業から今日までの間には
レース中に多数の死亡事故を数度起こし世論から大きく叩かれたり
販売不振による経営危機や変化する社会情勢の中、
純然たるスポーツカーの制作という理想と離れた
売れる車の制作を生業としなければならない宿命など
(販売態度は昔から強気ですが・・)
企業としては当然の折り合いを繰り返してきました。

フェラーリもただ”挑戦者”として四苦八苦し今の立場を築いたと言うことを
カリスマ的すぎるネームバリューと実力に失念しがちですが、
今回の記事を書くにあたり改めて思い返せました。

512BB-022.jpg
リトラクタブルライト下の
目に付くオレンジ色のコンビネーション・ランプは
クリアランス/ランプターン・シグナルランプをまとめた物で
512BBのフロントのアクセントとなっておりますねっ♪

よくフロントにおける365GT4/BB(以下365BB)と512BBの判別方法で
このコンビネーション・ランプが白い(透明)のが365BBで
オレンジ色のが512BBと見分けたりいたしますが、
どうやら、
ここがオレンジ色の365BBもあるようで完璧な判別方法ではないようです。

そしてこの画像では陰になっていて見づらいですが、
512BBの特徴としてドライビングランプがグリルの網の中に入り、
チンスポイラーが付きます。

ご覧の通り上記に挙げました特徴もバッチリで、
リトラクタブルライトとその周りの合わせも奇麗に揃っております!

512BB-033.jpg
リアグリルは365BBのメッシュ状からルーバー状へと変更され、
丸形テールランプが迫力のあった片側3連から2連に減少。
左右3本ずつのテールパイプも2本ずつになり取り付け位置も微妙に変わり
「512BB」からエンブレムが付くようになりました。

流石に365BBのリアの迫力には敵いませんが、
テールランプの質感などは良い出来で格好いいです(^v^)

512BB-051.jpg
サイドは365BBとパッと見た感じには変わりがありませんが
リアフェンダー前にNASAダクトが設けられたのが識別点で、
その他リア・オーバーハングが40mm延長されております。

実車ではリア・セッションの構成が変更され延長したため
リア・カウルのパーテーション・ラインが変わりました。
512BBはこの画像で観ると、
”く”の字ですが365BBではもっと直線に近いラインでした。

ミニカー的には実車の特徴を上手く再現しておりますが
やはり古いモデルの再販物のため
サイドウィンドーが無い仕上げ方は一昔前の感じがしたり
安いメーカーの物のようで唯一残念な箇所です(^-^;A

512BB-04.jpg
外装のボディデザインは、
ピニンファリーナとスカリエッティの共同作品によるもので、
流麗かつ低いスタイルで、クーペのお手本のようなデザインですね(^0^*

512BB-06.jpg
上記で記載しました、
フロントノーズのチンスポイラー(エアダム)が装備されたた点が
私的にレーシーな雰囲気に感じさせてくれて好きなポイントです!

512BB-07.jpg
いつも京商の1/18サイズで気になる塗装ですが、
この512BBでは気になる箇所が一つもないほど
素晴らしく奇麗な状態でございます!!

512BB-082.jpg
センターロック式のホイールは、
デイトナからデザインは踏襲されており、
365BBは前後共に
ホイール 7.5L−15、タイヤは215/70VR15 ミシュラン XWX でしたが、 
512BBではリアが変更され9.0L−15の225/70VR15と少し太くなりました。

画像では見づらいですが、
「MICHELIN XWX」とタイヤに浮き彫りのように記載があるのは嬉しいです(^o^)

ウィンカーも透明プラパーツですよっ♪

512BB-092.jpg
マイナーチェンジで512BBの側面に、
リアブレーキのクーリングのためにNASAダクトが新設され
この「NASAダクト」がカウンタック等のも含めて
”スーパーカー”を感じさせてくれる箇所で好きなんです(笑)

「DISEGNO di Pininfarina」のロゴプレートエンブレムもちっちゃい字ながらも
バッチリございますヽ(´▽`)/

4輪ベンチレーテッドディスクブレーキを装備。

512BB-10.jpg
恒例の「開くトコロ全部あけてみました」の図です!

前部ボンネットフードに後部のエンジンフードはカウル式で、
各々車体中央から外側に向かって側面のフェンダー部分も含めて一体で開閉します。

512BB-11.jpg
そして今回も後ろからも。

リアカウルにあるルーバーは墨入れ致しました。
つい先日、
不透明で水性の顔料インクの墨入れに適した物を入手しまして
油性マジックのように紫色っぽくない真っ黒な色味な上、
水性なので気に入らなければ簡単に落とせるのが気に入ってます!

この長短併せて5条あるルーバーは365BBの3条に対して
エンジンルームのクーリング改善策として
両脇に2条増やされた変更箇所で目立つ場所だったので
早速施してみました(*^_^*)

512BB-12.jpg
前部ボンネット内にはごく少量の手荷物が納められ、
このモッコリした所にオリジナルと同じスペアが収納されているそうです。

上記で古いモデルと記載しておりますが(^-^;A
リトラクタブルライトのギミックの仕組みや中の細かな再現など
古いモデルとは思えない素晴らしい出来です!

512BB-13.jpg
内装は、この時代としては豪華で、
インパネやシートも本革仕様で2シーター。
365BBで固定式のシートだったものがリクライニング機能を追加。

メーターや質感など実車の雰囲気を良い感じにモデル化されております!
しかし、
ステアリング中央の黄色い箇所に
跳ね馬マークが省略され無地なのは・・・(≡_≡;)

512BB-14.jpg
4942cc水平対向180度V型12気筒DOHC2バルブのエンジンを
ミッドシップ・縦置きに搭載し、高さを低く抑えたエンジン下部に
2層構造でトランスミッション(5速マニュアル)が組み込まれています。

365BBとの外観上の違いは少なく、
エアクリーナー・ケースの色が白から黒になったなったのと
左側のインナーフェンダーにイグニッションコイルが移動したくらいの変更点です。

モデル的には、
ややあっさり見えるエンジン周りですが
上記の変更点は忠実に再現されて、
数箇所パイピングも施されており
開けて飾りたい派の方も程良く満足できるレベルなのでは!?

512BB-15.gif
リトラクタブルライトは、
Aaのようにボタンを押すとピョコッと持ち上がるタイプではなく
ご覧のように片方ずつお好みに開くギミックでございます!


無事にアップできれば、
年内にもう一回更新を予定して思っております♪

それでは皆様良い年末をお過ごしくださいねぇー(´▽`)ノ
コメント
この記事へのコメント
おはよ〜ございます。 (^O^)/
銀色の512BB は? (笑)

koji さんが
写真をアップしてくれるので、
自分の所有するミニカーは
開封しなくても
持ってるだけで
満足できます。(笑)

ところで、
kojiさんの、赤の512BB の屋根を もぎ取って行う予定のコレ
http://jp.youtube.com:80/watch?v=NLwZRyIBO6o&NR=1

ま〜だ〜?

作業中ですか〜?
年内にアップ予定ですか〜?
2008/12/22(月) 07:06 | URL | RAN #LYJgwvco[ 編集]
            ↑
今年の最後を飾る記事(みのひろさん御用達みたいなネタですね♡)
512スパイダーですって? たぁのしみですぅ〜

  
おはよ〜ございます。 (^O^)/
kojiさんの記事を拝見するたびに
断片的だった知識が綺麗に繫がってスッキリします。

ミドシップロードカーはミウラの方が先だったなんて偉業を
そういえば忘れかけていました。
(∵ベル的にはミウラのデザインの方が古さを感じさせないので。
  でもBBのロゴは未だにモダンです)

私は365と512の目利きがあやふやでしたが、これでもう大丈夫です。
365って、3リッター65気筒のスーパーマシンなんだぜ!って
吹聴して恥をかかずに済んで助かりました。 m(_ _)m
2008/12/22(月) 08:00 | URL | ベル遠根 #QygVoc82[ 編集]
オートトレーディング AT-1群馬自動車販売のブログ
ブログ拝見させて頂きました!
またお邪魔させて頂きま〜す!!
2008/12/22(月) 08:07 | URL | 近藤 功 #-[ 編集]
はじめまして!

いつも拝見させていただいてます。

>カウンタック贔屓な雰囲気が確実にあったような・・
に思わずうなずいてしまいました。

私もBBが大好きです。
ドアはカウンタックに負けますが、
ボンネットとエンジンフードを開けた状態は最高です!

また遊びに来ます。
2008/12/22(月) 22:17 | URL | ビール大好き #MzF64ICo[ 編集]
はじめまして
いつも更新を楽しみにしております。
復活からハイペース(?)で更新されているので、お体&ハートの
大事なところがメンテ必要になるのではないかと心配しております。

で、今回の【512BB】!!
記述いただいた内容が『スーパーカー世代』には“直球ど真ん中”で、
思わずコメント書き込みさせていただきます。

当時4年生だった私は、学校の社会科見学でヤクルトの工場に行った
ときのお土産が、ヤクルトとスーパーカー下敷きでした。
(なぜか女の子も同じものでした)
下敷きは、【512BB】【LP400】【930】の3種類で、
写真+エンジンルーム透視イラスト+車の解説付きという、今では
永久保存版のような内容だったと記憶しております。

で、私のは【930】カエル君でした...
本当は【LP400】が欲しかったのですが、順番配布でしたので
しかたありません。あきらめてしょんぼりしていると、隣の席の
女の子が『あげる』といって【512BB】をくれたんです。

心の中では“これもちがう”思ってましたが、解説の【BB】の
意味を読んでいるうち、この車が大好きになりました。
細かい意味は理解出来ていなかったと思いますが、ベルリネッタ
ボクサー=BBのカッコよさインパクトは強烈で、BBと一緒にその
女の子も好きになっちゃったりしたものです。

なんだか、大幅にミニカー関連ではない話となりましたが、これからも
ゆっくりで構いませんので、楽しい記事&素敵な写真をお願いします。

<ついでに...>
 以前、掲載されていた《OK*ステッカー(*は伏字)》ですが、
 私の勤務先でして...(今では面影も無い状況となってしまい
 ましたが...)
 当時、ステッカーなど自分のバイクに貼っていたこともあったなー
 などと思い出させてくれるうれしい記事でした。
2008/12/22(月) 23:10 | URL | kazu1126 #-[ 編集]
こんばんは^^
未だにフェラーリと言えば
512BBを思い浮かべる古〜い男です(笑)
いや〜、良く出来てますね!
惚れ惚れします^^
2008/12/22(月) 23:21 | URL | げっち #ZsjQ0mUE[ 編集]
kojiさん お久しぶりです
512BB 欲しかった。。。ちょっと前は無くて、365買っちゃって・・・再販されたのですね。

はぁ〜・・・欲しいけど保管場所が無いし・・・
2008/12/23(火) 17:44 | URL | ちっちくん #PMQi97Hw[ 編集]
おはようございます。

ランボルギーニと言えばカウンタック、フェラーリと言えば512BB。当時を代表する両雄。やっぱり、カウンタック派です。

カウンタックほど「なんじゃ、こりゃああ!!」感もなく、TOYOTA2000GTほどの流麗さでもなく、カウルの開き方もミウラのように「ベキッ!!!」ていう半分に折れて地面に突き刺さる感じでもなく、デザインとしては綺麗にまとめた感じはあるものの、当時の他のスーパーカーと比べて常識を超えた感じがイマイチしなかったような気がします。スポーツカーの正常進化って感じではありました。まあ、逆に言えば、カウンタックは「どっか間違えてんだろ」って感じはありましたが。

でも、今となっては「やっぱ、かっこええな〜」と思いますね。

今回の京商1/18フェラーリ512BBは、店頭で見て思わず引き込まれそうになりましたが。リトラクタブルライトが片方づつ動くとは…ウィンクさせたいですね。欲しかったけど、なんとかフェラコレで我慢しました。

あ、そういえば、
「完全変形買いましたよ〜。いろいろ動かせて、かっこいいぞ〜。
http://www.amiami.com/shop/ProductInfo/product_id/90515
ん、なんかちっちゃな女の子が付いてる…」
っていう報告をする予定でしたが、相方の目が厳しいのであきらめて?、やっぱり、こっち
http://www.yamato-toys.com/items/detail.php?gid=1151
を買いました。スーパーストライクパーツも別に買いました。スーパーストライクパーツはTV版も出ていて間違えるところでした。よく探すと、最近、セットが再販されたみたいですね。待てばよかったかな。
------
という報告を書いてから、買い物に行ったのですが、帰ってきたらカバンの中に、しっかりとこれ
http://www.amiami.com/shop/ProductInfo/product_id/90515
が入っていましたorz。ちょっと安かったもので…
2008/12/24(水) 10:58 | URL | ました #JalddpaA[ 編集]
RANさん こんばんは!

以前相談させて頂きましたように、
銀色の512BBを買おうと決意した時に
赤×黒512BBの再販品が普通にショップで売っており
銀色で迷っていた事などスッカリ忘れ(笑)
喜び勇んですぐに購入してしまいました♪

やっぱりフェラーリは赤か黄色ですよね・・(^-^;A

私の写真で満足頂き嬉しいです!
RANさんのミニカー達をいつか開封した折に
致命的な不具合が見つかる事を願って・・、
いや、見つからない事を祈っております(笑)

RANさんの930ターボの屋根もぎ取り計画のコレ、
http://jp.youtube.com:80/watch?v=NLwZRyIBO6o&NR=1
年内にちゃんと実施する予定でおりますので
赤でも白でも構いませんので至急お送り下さいませm(_ _)m

年内最後の更新予定の1台、
無事にアップできるよう頑張りまっす(*^_^*)
2008/12/24(水) 19:37 | URL | koji #JalddpaA[ 編集]
ベル遠根さん こんばんは!

今年最後を飾る記事は、
930ターボのタルガトップに変更になりました(゜-゜ゞ
私もたぁのしみですぅ〜(笑)

とそんな冗談も入れつつ、
ベル遠根さんの知識が繋がって頂けましたようで嬉しいです♥
512BB単体の記事を書くつもりが
どうも単体のみの内容では意味が分からなくなり
あのような長い記事となってしまいました(^−^;

ミウラは今見ても格好いい上に美しいクルマで
偉大な名車ですよねっ♪
メーカー間ではライバル等のしがらみもありますが
そのような事も関係なく、
好きなクルマをミニカーとして手元に置け並べられるのは
改めて嬉しい事だと感じます(^0^*

365GT4/BBが、
3リッター65気筒のスーパーマシンだったらと想像してしまいました(笑)
恐ろしく後ろが長くリムジンの様なイメージになりましたが(笑)、
65気筒もあれば、
とてつもなくスムーズなエンジンフィールが味わえそうです(^v^)

RANさんの365GT4/BBの「65気筒化計画」も
新春行事として計画に盛り込みましょうね(笑)
2008/12/24(水) 19:59 | URL | koji #JalddpaA[ 編集]
近藤 功 様 初めまして!

コメント下さりどうもありがとうございます(´▽`)
そして、
ブログご覧頂けまして重ねてありがとうございます<(_ _)>

またお気軽にお越し頂けましたら光栄です!
2008/12/24(水) 22:58 | URL | koji #JalddpaA[ 編集]
ビール大好きさん 初めまして!

いつも見て頂けておりましたようでとっても嬉しいです♪
さらにコメントも下さり誠にどうもありがとうございますm(_ _)m

>>カウンタック贔屓な雰囲気が確実にあったような・・
>に思わずうなずいてしまいました。
おおぉ!
ビール大好きさんも、
当時そのような雰囲気をお感じになられておりましたか(^v^)

ビール大好きさんBBが大好きですか♪
確かにカウンタックもBBもそれぞれ秀でた箇所が明確で、
当時子供ながらにどっちががどうだ的な話を
一生懸命していたのを思い出します(*^_^*)

P.S.
ビール大好きさんのお名前、
びっつさんの所で拝見した記憶がございます!

私もビール大好きさんのブログに伺わせて頂きますねっ(´▽`)ノ

ちなみに、
私もビール大好きです(笑)
2008/12/24(水) 23:13 | URL | koji #JalddpaA[ 編集]
kazu1126さん 初めまして!

いつも楽しみにして下さっているとのお言葉、
凄く嬉しいですヽ(´▽`)/

先日の休止から再開しましてから、
私的にハイペース(?)と申しますか、
とても楽しんで毎回更新させて頂いております♪

ご心配下さり誠にありがとうございます<(_ _)>

何だかバタバタしておりますもので
更新がコンスタントに出来ておらず、
自分的にモヤモヤしている現状でございますが(^-^;A
デジタル一眼レフを導入しましてから
気に入る写真が撮りやすくなり、
以前より一つの記事を完成させるまでの時間が
少し短縮できておりますのが唯一の救いであり
また、楽しい作業になっております!


おお〜!
kazu1126さんも512BB、
『スーパーカー世代』で“直球ど真ん中”でございましたかっ(≧∇≦)

社会科見学で行かれたヤクルトの工場でのお土産が
ヤクルトとスーパーカー下敷きだったと言うお話は、
あのブームがどれほどだったかを証明する
素敵なエピソードですね♪
なぜか女の子も同じものだったとはっ(笑)

【512BB】【LP400】【930】の3種類の下敷き、
写真+エンジンルーム透視イラスト+車の解説付きと凝った出来で、
仰りますように完全に永久保存版的な内容で
今なら全種類欲しい程の逸品でございますね〜Σ(゚Д゚)

確かにあの当時の人気を考えると、
【LP400】が欲しいのは少年心に当然ですよね!
しかし、
隣の席の女の子がくれた【512BB】の下敷きの出来事は、
クルマ個体への愛着と同時に
その子に対する恋心にリンクして楽しい思い出になるでしょうね(*^_^*)
そのような思い出をお持ちで羨ましいです!

いえいえ、
私を含めましたこちらにお越し下さる皆様も
ミニカー関連ではない話も大好きですし、
kazu1126さんが下さいましたお話も面白く
とても楽しく拝見させていただきました(^0^)
コメント下さりどうもありがとうございます♪

お言葉に甘えまして
これからもゆっくりかつ楽しんで更新していきたいと思っておりすm(_ _)m
お褒めのお言葉や励みのお言葉も頂戴し
痛み入りつつ今後への力になりますです!!

またお気軽にお立ち寄り下しましたら光栄でございます<(_ _)>

P.S.
なんとっ!
kazu1126さんOK*にお勤めなのですかっ(^o^)
お読み下さいました以前の記事でも書かせて頂きましたが、
あの当時ガードナーは憧れ以上の存在で
F1と500ccのレースの番組が重なったら
迷わずガードナーを応援し(笑)、
「8耐男」と呼ばれたガードナーの鈴鹿8耐は欠かさずチェックしておりました!
実は先日その時のポスターが出てきました(笑)

当時ロスマンズカラーのNSRは買えず、
それでもランクの低い愛車のNSRのフロントカウルには
漏れなくステッカーを貼っておりましたが、
kazu1126さんもお貼りだったとは
何とも嬉しいですo(´▽`*)/♪

今後またOK*が盛り返されます事を応援し祈っております!!
2008/12/25(木) 00:03 | URL | koji #JalddpaA[ 編集]
kojiさん、こんばんは。
今回のトップの写真は、フロントからドドーンと来ましたね!
お望みだったモデルが再販され、無事に入手できたようで何よりです^^
赤と黒のボディが美しいですね〜。

私も「スーパーカー世代」に入りますが、覚えているのはカウンタックだけです。。。
当時は、「フェラーリ」の名前は聞いたことがあるような気がしますが、どんなクルマが出ていたのか、よく分かってなかったと思います^^;
今は、インターネットを使って、いろんな情報を入手できますから、便利になったもんですネ。
解説も、楽しく読ませていただきました。
いやぁ、勉強になります。
でも、覚えきれないので、ときどきkojiさんのブログを覗きに来ます(^^)/
2008/12/25(木) 23:13 | URL | はら #RQcA4r4s[ 編集]
げっちさん こんばんは!

なるほどっ
げっちさん的にフェラーリと言えば
512BBを思い浮かべるほどに
印象の強いクルマなのですね(^v^)

再販されるだけあって、
真面目に作られている良いモデルでございます♪

一緒に並べてある、
その他フェラーリのミニカー達と比べても
このクルマの格好良さは際だっております!

仰りますように惚れ惚れするデザインですよね o(´▽`*)/♪
2008/12/26(金) 20:59 | URL | koji #JalddpaA[ 編集]
ちっちくん こんばんは!

お久しぶりでございますm(_ _)m

ちっちくんは365BBをお持ちなのですねっ!
ネームバリューは512BBの方が有名ですが、
性格的にピーキーかつレーシーな365BBも
今欲しくなっております(笑)

保管場所はいつも悩む重要な問題ですね・・
2008/12/26(金) 21:07 | URL | koji #JalddpaA[ 編集]
ましたさん こんばんは!

やはりと申しますか、
何となくましたさんはカウンタック派と想像しておりました(*^_^*)

仰りますように、
デザイン的には512BBはスポーツカーの正常進化と言う感じで
綺麗にまとめた感は確かにありますね。
フェラーリ的と申しますか。

カウンタックの前衛的なデザインは
今見ても新鮮で良い意味で常識の範囲外で
ましたさんのお言葉をお借りするのなら
「なんじゃ、こりゃああ!!」「どっか間違えてんだろ」という印象は、
ライバルとされたクルマのデザインは陰に隠れてしまうのは
致し方ないのかも知れませんね(^−^;

512BBも方向性が違う格好良さがある事に
子供の頃の私には分からなかったのは、
ただ私が”子供だった”としか言いようがありません(笑)


スカイガールズ見たことありませんが、
ソニックダイバー零神格好いいですね〜♪
もろに生身が剥き出しで斬新です!

VF-1S ロイ・フォッカー機&スーパーストライクパーツ、
無事にゲットされたのですね(^0^*
おめでとうございます!!
以前この話をした後にアキバヨドバシで見ましたが
かなり良い出来ですよねっ!
その時にセット販売も見た気がしますが、
別々に購入するのもアフターパーツのようで
何だかワクワク感があるのは私だけでしょうか(笑)

って、
ソニックダイバー零神もゲットされたのですねΣ(゚Д゚)
もしかしてサンタさんによるイタズラ!?
何はともあれ、
http://www.amiami.com/images/product/review/083/HOB-FIG-8075_12.jpg
この飛行形態(?)の後ろ姿イイっすねぇ〜(´▽`)
2008/12/26(金) 21:37 | URL | koji #JalddpaA[ 編集]
はらさん こんばんは!

今回のトップの写真は、
いつものお尻からではなくフロントからいってみました♪

いや〜
長いこと待っていましたので安く手に入りやすい銀色に
妥協するところでしたが、
再販のタイミングがピッタリでラッキーしたが
タイミングがもう少しズレていれば危なかったです(笑)

はらさんは「スーパーカーブーム」で覚えてらっしゃるのは
カウンタックだけでしたか!
私の周りにもそのような思い出の友人が結構います(^o^)
やっぱりそれほどまでにカウンタックは
センセーショナルなクルマだったという証明ですね!

仰りますように今は、
インターネットを使って色々な情報を入手できるので
とても便利になりましたね♪
しかし、
調べ方が悪いのかマニアックな情報は書籍による所もあり、
また、本を読むのが好きな私には手放せないソースでございます。


解説を楽しく読んで頂きまして誠にありがとうございます<(_ _)>
私も全然覚えきれておりませんので(^-^;A、
ブログでミニカーの紹介をするに併せて、
私的に押させておきたい情報を纏めているのにも役だっております。
2008/12/26(金) 21:57 | URL | koji #JalddpaA[ 編集]
リンク貼らせていただきました。
はじめまして、kojiさん。

1/18のビッグスケール・モデルの美しい写真、時々拝見しております。こちらは慢性金欠気味のため、1/64スケールがメインですが、ミニカー好きで集めています。拙ブログからリンクを貼らせていただきました。どうぞよろしくお願いします。
2008/12/27(土) 12:48 | URL | はとボーズ #ZFbvg3BA[ 編集]
はとボーズさん 初めまして!

コメント下さり嬉しいです!
時々ご覧頂けておりましたようでどうもありがとうございます<(_ _)>
そしてお褒めのお言葉誠に痛み入りますm(_ _)m

はとボーズさんは1/64サイズをお集めにならてるのですねっ♪
コレクションしておりますサイズは違いますが、
今後もお互い楽しんでミニカーを集めましょうね(^v^)

こちらこそどうぞよろしくお願いいたします!

私もリンク貼らせていただきました(´▽`)ノ
2008/12/28(日) 12:37 | URL | koji #JalddpaA[ 編集]
はじめまして やはり512BBiより512BBのほうが人気あるんですか?
2009/06/25(木) 23:35 | URL | VMFA−124 #-[ 編集]
VMFA−124さん はじめまして!

返事が遅れてしまい失礼致しましたm(_ _)m

「512BB」と「512BBi」は、
運動性能が高く軽く空力にも優れて非常に人気があった
スーパースポーツ「365GT4/BB」の
後継モデルのために人気があるモデルです。

簡単に申しますと、
能力が高いながらも生産に手間がかかった「365GT4/BB」を
生産性の優れた素材に変更し手間を省いたために、
重くなった車重を補うために排気量を上げたのが「512BB」で、
その「512BB」を北米の排ガス規制に対応すべく
キャブをインジェクションにし
一般人でも普通に乗れるように始動性や取り扱いを良くし
パワーダウンしマイルドにしたのが「512BBi」です。

基本性能・希少性等を踏まえた人気は、
365GT4/BB>512BB>512BBi
と言う感でなので、
「512BB」と「512BBi」の2台では
「512BB」の方が人気があります。
2009/06/27(土) 20:54 | URL | koji #JalddpaA[ 編集]
こんばんは 返事ありがとうございます 1・18のBB探しましたが売ってないですね とりあえず 1・43のモデルで我慢します 1・18のBBは オクでも値がかなりつきますね で カラーはやはり赤ですか
2009/06/28(日) 21:54 | URL | VMFA−124 #-[ 編集]
VMFA−124さん こんばんは!

いえいえ、
お役に立てましたら光栄でございます(*^_^*)

512BB、
この頃あまりショップでも見掛けなくなりましたねぇ

京商の1/18サイズの512BBは、
1999年に中が見える箱で発売したのが最初で、
昨年末に、
写真がプリントされ中が見えない箱で再販されました。

色は、
「赤×黒」「黄×黒」「銀×黒」「黒」の4種類あると記憶しておりますが、
仰りますように「赤×黒」が一番人気があります。

「黄×黒」もそこそこ人気があると思いますが、
京商のミニカーは全般的に黄色を塗装すのがヘタなので
ミニカーとしてあまりオススメ致しません・・

新旧あわせて数は沢山出ているので
オークションをこまめにチャックしておりますと
ご希望の1台が見つかると思いますよ♪

ちなみに、
塗装技術がこの10年で多少良くなったのと、
初期物の中には保存状態が悪く
塗装が浮き上がってしまっている個体も少なくなく、
もし値段がそんなに変わらないならば、
旧箱のより新箱の再販品を購入された方が良いですよ!
2009/06/28(日) 22:21 | URL | koji #JalddpaA[ 編集]
こんばんは 度々すみません いま オクで512bbとbbi出てるんですけど bbのほうは旧箱モデル赤黒 bbiは新箱で色は赤色なのですが どちらにしょうか迷います そんなこと人に聞くなって思われそーですけど
2009/06/29(月) 22:46 | URL | VMFA−124 #-[ 編集]
いえいえ、
迷ったら人に聞くのが賢明ですよねっ

私は「BBi」より
「BB」の方が好きなので所有する喜びも上ですし、
「BBi」の赤一色ではなく「赤×黒」なのも好みなので
良さそうな「BB」が出品されるのをこまめにオクをチェックしつつ待ちます。
極端な話しですが数ヶ月でも(笑)

こまめにオクをチェックしていれば、
玉数が多いのでそんなに待たずに出そうですが・・


もし待つ時間が無くすぐに手に入れたい状況でしたら、
塗装状態が良くないのを覚悟で、
旧箱の「BB」にします。

それか、
状態の良さそうな「BBi」を買っておいて
いつか金銭的に余裕ができた時に
まだ気持ち的に「BB」が欲しければ改めて「BB」を探します。

欲しいミニカーを何かの事情で諦めても、
後日やっぱり欲しくなってしまうのが人情ですし
私だったら「BBi」で妥協したらのちのち後悔しそうです・・

VMFA−124さんと考え方が違うかも知れませんが、
ご参考までにm(_ _)m
2009/06/29(月) 23:38 | URL | koji #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kojizm.blog93.fc2.com/tb.php/142-357f4796
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。