The big size miniature is the main
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



250GTO#19-001

更新に間が開いてしまいましたが、
今回の「1/18シリーズ」第20弾は
京商のフェラーリ 250GTO #19の
1962年にル・マン24時間レースに出場したモデルです。



フェラーリ 250GTOは、
1959年にパリ・サロンでデビューした250GT Berlinetta SWBをベースに、
特に空力面でのリファインしたことからGTB(SWB)の
エボリューションモデルとして認められたFIA GTクラスのホモロゲーションモデル。
”250GTO”としてサーキットに登場し
1962年~1964年にメイクスチャンピオンを獲得しました。

いくつかのエンジンバリエーション等の違いを含め、
総生産台数39台という非常に貴重な車ですが
ここで細かく紹介する必要がないほど超有名なクルマですね。

250GTO#19-15
1962年に開催されたル・マンのポスター。

250GTO#19-18
今回紹介しますNo.19のドライバーは
ジャン・ギシェ(J.Guichet)とピエール・ノブレ(P.Noblet)。

1962年のル・マンで、
総合2位、GTクラスでは優勝するという好成績を残しました!

この年のレースで250GTOはレース史上最大の15台も参戦したそうです。

250GTO#19-16
そして、
この年の総合優勝はNo.6のフェラーリ330TRI/LM テスタロッサ・スパイダー。
オリビエ・ジャンドビアン&フィル・ヒル組。

250GTO#19-17
白黒で分かり辛いのでもう一枚。

このクルマは2007年5月20日の、
「RMオークション2007」において
687万5000ユーロで落札されましたっΣ(゚Д゚)
昨年5月は、€1 =¥160くらいでしたので
日本円で約11億円・・・(((((;゜Д゜))))

RM AUCTIONS ”1962 Ferrari 330 TRI/LM Testa Rossa ”

250GTO#19-19
このよく見られる250GTOが、
今回紹介するモデルのベースとなっており、
ご存じの方も多いと思いますが
「250GTO」には幾つか種類がございます。

250GTO#19-20
1963年の生産のものから冷却性能の向上のため、
フロントサイドのスリットが3本へ増やされました。

上記2つの、
62~62年にかけて36台製造された250GTOを
「シリーズⅠ」、または「250GTO 62/63」とも呼ばれます。

スカリエッティ製の総アルミ製の美しい曲面ボディを纏っていますねぇ~♪

250GTO#19-21
250LMによく似ているこちらは、
1964年に3台のみ製作された250GTOです。

この250GTO は「シリーズⅡ」とも呼ばれ、
空力に主観がおかれ改良されたボディデザインは
ピニンファリーナに変わりました。

63年5月にモディファイされ、
その後さらにモディファイを受けたため「250GTO 63/64」とも呼ばれています。


”250GTO”の名称は、
1気筒あたりの排気量250ccからネーミング。
”GTO”は、「Gran Turismo Omologato」の略。

250GTO#19-002
京商のミニカーでいつも気になる塗装ですが、
今回のモデルが当たりだったのか今までがハズレだったのか(笑)
この250GTOは完璧な塗装で大満足です!

各ライト周りのリング類は、
シャープなメッキ製別パーツにて繊細に仕上げられています。

250GTO#19-003
リアのランプ周りの造形と再現にバランス、
文句の付けようがありませんm(_ _)m

ひっくり返した裏のシャシー、
エグゾーストからテールエンドまでのサイレンサー部分も
シッカリと造り込まれています。

250GTO#19-005

低く長く、そして流れるような曲線ラインは、
他メーカーの250GTOに違和感を持っていた方にも
納得のサイドビューではないでしょうか!?

250GTOの特徴の一つである、
2本スリットが抜けていないのは唯一残念な箇所です。

サイドドアに付く黄色い丸のマーキングは、
GTクラスを表しております。

250GTO#19-006
他メーカーと記載しましたが、
いままでに250GTOの1/18サイズは
ブラーゴやマテル等から発売されており
私もいくつか所有しておりますが、
この京商の250GTOはまさに決定版と言って過言でない
芸術品とも感じる素晴らしい出来です!!

250GTO#19-007
ダックテールの造形、反り返り具合、
ここも250GTOの特徴の一つなので出来を厳しく見てしまいますが
ご覧の通り完璧でございます!

250GTO#19-008

マテルの250GTO・エリートシリーズのように
エッチングパーツ&アルミリムのホイールかと思っておりましたが
この京商製ホイールはどうもABS樹脂の
いわゆる”プラパーツ”で再現されておりますΣ(゚Д゚)

前輪はスプリングサスペンションも装備してます。

250GTO#19-009

ボンネットのエアダクトは網が介在するものの実際に貫通しており、
ボンネットを固定する金具は細いプラパーツにメッキが施され、
薄茶のベルトはゴムで再現されており秀逸です(^v^)

右側にチラッと見える、上から見たステアリング付近も
実車をそのままスケールダウンしたかのように
緻密に作り込まれております(*^_^*)
ステアリングの細さ&薄さ&造形、
下記のコックピット内の画像でも確認できますように
他メーカーより突出した素晴らし過ぎる出来でございますo(´▽`*)/♪

フロントからエンジンフード、リアに伸びるトリコロール・ストライプは
デカールで表現されているもののとても奇麗です!

250GTO#19-010

恒例の「開くトコロ全部あけてみました」の図です!

250GTO#19-011
そして今回も後ろからも。

250GTO#19-012
エンジンルーム内には2953cc水冷60度V型12気筒SOHCエンジンが
補器類と共にとても仔細にリアルに再現されています♪

250GTO#19-013

ロールケージ、青いバケットシート、ドア内張り、コラムスイッチ、
メーター、ダッシュボードのスイッチまで絶妙に表現したコックピット内は
今までの京商製の中でもトップクラスの出来です(≧∇≦)b

上記記載のステアリング以外にも、
シフトレバーの細さのリアルさにとっても驚きました!!

250GTO#19-014

トランク内は、燃料パイプを再現しており
ボンネット裏の再現も抜かりが有りませんよっ



このモデルに興味がある方には、
是非とも入手を強く薦めさせて頂きたいほどの素晴らしさです!!

先日のF40 ライトウェイトに引き続き、
少々値が張るものの購入して高い満足感が得らるのと同時に
所有欲を満たしてくれるのに充分な京商の渾身のモデルです(゜-゜ゞ

1/18サイズの250GTOは京商から
ノーマルバージョンと今回のNo.19がすでに発売されておりますが、
私の知りうる限りだいぶ品薄のようです。

しかし今後、
1962年の22号車(総合3位/GTクラス2位 ELDE/BEURYLYS組)と、
1963年の24号車(総合3位/GTクラス優勝 BEURLYS/Gerald Langlois組)

が発売されるようですので興味が有る方は
チェックしてみては如何でしょうか!?

DSC03312.jpg
先日オフ会に持っていった際の写真です(笑)
みんなで見ると色々な点を発見できて面白いですねっ


<追加>
250GTO#19-004
使わなかった画像ですが、
この角度のファンがおられるのでオマケを追加しました。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは^^
おぉ・・・250GTO
美しいですねぇ♪
この時代の車達はいつ見ても
うっとりさせられます^^
2008/11/17(月) 00:19 | URL | げっち #ZsjQ0mUE[ 編集]
こんばんは!
250GTO綺麗ですねぇ〜写真も詳しくて、買ったような気分になれます^^
しかしワイヤーホイールは金属に見えますが、実はABS樹脂なんですね。フードのダクトは驚異的なので、ここまでこだわるならホイールもワイヤーで組んであれば完璧ですね。

しかし、出来が良いですね。京商1/18ではトップクラスですね。
2008/11/17(月) 00:55 | URL | monmon #eQhucDEg[ 編集]
げっちさん こんばんは!

仰りますように、
この時代の車達は柔らかい曲線のボディデザインで
本当に美しいですよねぇ〜(*^_^*)

そろそろこのような懐古的なデザインへと
現代の車達もなるだろうと予想&希望して早十数年・・・
全然なりませんね(笑)

いや、来年こそはブームにならないかしら(’-’*)
2008/11/17(月) 23:27 | URL | koji #JalddpaA[ 編集]
monmonさん こんばんは!

買ったような気分になって頂き光栄です♪

エッチングパーツによるワイヤーホイールは
マテルだけではなくMINICHANPS等でも普通に使用されているので
難しい技術ではないと思うのですが何でなのでしょうね??

もしかしたらこの250GTOのホイールは
やや黒っぽい銀色なので、
エッチングパーツだと白っぽい銀色になってしまうのを
京商的なこだわりで避けたかったのかも知れませんねぇ〜
何はともあれ、
京商の技術力の高さを知らしめたパーツに感じます。

仰りますように、
この値段帯の1/18サイズでは
今回のモデルはトップクラスの出来ですね!

今後の京商のラインナップに大きく期待してしまいます(^v^)
2008/11/17(月) 23:37 | URL | koji #JalddpaA[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/18(火) 02:10 | | #[ 編集]
kojiさん、こんばんは。
1/18シリーズも、第20弾まで来ましたか!
フェラーリ 250GTO、美しいクルマですよね〜。

ミニカーの写真も、あたかも実車のように感じてしまいます。
モデルの出来の良さもあるのでしょうけれども、kojiさんの「ミニカーの魅力」を引き出す写真の腕が大きいんでしょうね^^

坂道の手前にたたずんでいる写真もステキですね。
こんなジオラマ、作ってみたいです←ムリ^^;
2008/11/18(火) 22:25 | URL | はら #RQcA4r4s[ 編集]
こんばんは。

ドドーンとデカ尻に、リアのランプは小さ目。TIPO61もそうですけど、もうちょっとランプは大きいほうがいいのでは、と心配になります。

ボンネットの固定金具はすごいですね。これ、可動するんですか?エアダクトのところなどボンネットは気合入れてますね。内装も手が込んでて、うれしいですね。

トリコロールストライプも決まってます。これから出るという2種よりも、やっぱり、こっちの方が人気でしょうね。

おっ、オフ会の写真が…ここはメイドさんもご一緒にお願いしたいところです(^^;)。


TOYOTA2000GT,TIPO61,MIURA,JaguarXKSS,250GTOと、美しい感じのボディラインが、やっぱりいいですね。なんで現代にできないのかな〜。すでに、空力的に否定されちゃったのかな。
最近でかっこいいスポーツカーってなんだろ。MAZDA RX7(FD3S)は綺麗なボディラインだったけど、他はあんまりピンときません。NISSAN GTRはなんかズングリしてるような…まあ、いい車なんだろうけど。あ、ロータスエクシージとか…う〜ん。
2008/11/19(水) 01:53 | URL | ました #JalddpaA[ 編集]
鍵コメさん こんばんは!

なるほどっ
そのような提言だったかも知れませんでした('-'*)
ご指摘ありがとうございますm(_ _)m

また、
プラパーツではスポークの交差を
表現しにくいと言う考察ですが、
仰りますようにこのホイールのように
まったく表現できておりません(^-^;A
http://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/users/46f7a28e_4f46/bc/4dcb/__hr_/be33.jpg?bcbR_mJBB8liPL2s

しかし、
こちらのメーカーのホイールでは
きちんと”交差”も表現できておりますので、
http://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/users/46f7a28e_4f46/bc/4dcb/__hr_/3f35.jpg?bcbR_mJB9IrFsuSr

技術的には可能なようです。
恐らく京商はコストや手間を削減するために
プラパーツによる再現にしたのかも知れませんね♪

私が勝手に予想した、
「黒っぽい銀色」の為だったら面白いのですが(笑)
2008/11/20(木) 20:43 | URL | koji #JalddpaA[ 編集]
はらさん こんばんは!

勝手に目標としておりました
1/18シリーズもついに第20弾まで紹介できました♪
今後は30弾を目標にしたいと思います!

皆様の仰りますように、
250GTOは本当に美しいクルマですよねぇ〜(*´д`*)
しかし、
美しいだけではなく性能も優れていたのが素晴らしいですよねっ

ミニカーの写真は、
あたかも実車のように見えますように
実際の視野のように低い位置から撮りましたのが
功を奏したのかも知れませんですm(_ _)m

付け焼き刃のコツなのですが、
「ミニカーの魅力」を引き出せておりましたら幸いでございます<(_ _)>

坂道の手前にたたずんでいる250GTO、
実は私が一番好きな250GTOの写真なのです!!
はらさんにも気に入って頂けて嬉しいです(*^_^*)

私にも到底不可能ですが、
こんなジオラマ作ってみたいですぅ〜
2008/11/20(木) 20:58 | URL | koji #JalddpaA[ 編集]
ましたさん こんばんは!

確かにこの時代のレーシングカーは
お尻にリアランプが控えめに付いているのが多いですねv-21
これでは追突されそうで心配になってしまいますよね(笑)

ボンネットの固定金具ですが、
今試してみましたら右側はちゃんと可動し、
左側は少しだけ動く感じです。

可動した右側の金具はスポッと抜けてしまいましたので(笑)
恐らく接着されているのが通常のようですが、
可動後はピッタリ納まる位置にメッキの受け皿があるんですよね・・・
http://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/users/46f7a28e_4f46/bc/4dcb/__hr_/7700.jpg?bc7BBnJBRgC3iJOT

http://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/users/46f7a28e_4f46/bc/4dcb/__hr_/dba4.jpg?bc7BBnJBzPK8EzsX

これから出る2種も格好いいですが、
トリコロールストライプが決まってる分
巷では#19の方が人気なのでしょうか・・!?
私は単純に”派手”という見栄えのみでこのモデルを選びました(笑)

ましたさんが列挙して下さいました素敵な名車達は
空力的に良くないのですかね・・

レーシングカーですと空力はかなり大事なのでしょうが、
一般人が町乗り用に買う車では
多少燃費に影響は出るようですが、
空力うんぬんよりも格好良く美しいクルマを
望んでいるように感じるのですが・・
何故メーカーは、
無機質なデザインのクルマばかり作るのかとても不思議です。

う〜む・・・
最近で美しくて格好いいクルマって、何でしょうね??
仰りますようにRX-7(FD3S)は綺麗なボディラインでしたね♪
ここ10年内でその他色々と記憶を巡らしてみましたが
私もピンときませんでした(^-^;A

R35 GT-Rはあえて無骨にしたようですが
個人的にはあまり惹かれないデザインです(^−^;
京商、Aaから1/18サイズが競うように発売されるようですが
どちらも購入予定はありません・・
勿論とっても良い車なのでしょうが。

もう少し「最近で美しくて格好いいクルマ」を考えてみますm(_ _)m

PS
結局オフ会では時間が無くメイドカフェ行けませんでした(笑)
次回は行く機会がありましたら
メイドさんにミニカーを持ってもらい写真撮ってきます(笑)
2008/11/20(木) 21:47 | URL | koji #JalddpaA[ 編集]
写真が、とっても綺麗ですね。完璧な背景と照明の当て方、そして被写界深度が深く隅々までピントが合っているところなど、感心するばかりです。
おそらく、三脚を立て、絞りを絞って撮影されていることと思います。その取り組み方に敬服します。

僕はコンデジのマクロ撮影機能を使っていて被写界深度は浅いし、ボケでごまかしている部分も多々あります。ですから、Kojiさんの作成されるごまかしのない画像には頭が下がります。

クルマのディテールについての知識も素晴らしいですね。なるほど、そういうところに違いがあるんだぁという感じで読ませていただいています。
いつも思いますが、緻密なブログですね。
2008/12/14(日) 22:50 | URL | かくちゃん #-[ 編集]
かくちゃんさん こんばんは!

お褒め下さり誠にありがとうございます<(_ _)>
とても面はゆいです(*^_^*)

仰りますように、
ミニカーの細部が奥まで見えますよう、
三脚を立て、F値を絞り撮影しております♪

背景&撮影ブースは、
本当ならこのようなのを買いたい所でしたが
http://f17batchimg.auctions.yahoo.co.jp/users/7/3/4/2/finalnetjp-imgbatch_1229352554/584x485-2008112704192.jpg
設置する場所の都合もありホームセンターで材料を買ってきて自作し、
照明も私的に色味にこだわり電球を交換したりしております(^-^;A

少しでも理想の写真の感じにしたく、
色々な方にご助言を賜り今のやり方に行き着きましたが
写真・カメラは奥が深く、
毎回楽しみつつ色々と試しております日々でございます(^0^*

いえいえ、
クルマのディテールについての知識は
持っている資料やその他多くの情報により、
私的に「なるほどぉ〜」と感じた箇所の抜粋ばかりですが、
あまりにマニアックな話にならないようにと書かさせて頂いております。
彼女曰く5行も読めない理解不能な文章らしいですが(笑)

私のブログは
コレクションの管理・記録をメインテーマとして始め、
たくさんの方と知り合い刺激を受け
今のような形態となっておりますが、
今後も楽しんで頂けましたら光栄でございますヽ(´▽`)/〜♪

これからもどうぞ宜しくお願いいたしますm(_ _)m
2008/12/16(火) 20:36 | URL | koji #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kojizm.blog93.fc2.com/tb.php/140-1fc4fa4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。