The big size miniature is the main
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



_DSC7331.jpg

気が付いたら1ヶ月以上更新をサボってしまっておりましたm(_ _)m




と言いますか、
最近久振りにガンプラ作りにはまってしまい、
如何にゲート跡や継ぎ目を消すかを楽しんでおります(笑)

個人的に贔屓にしているジオン系ばかりに食指が伸びますが、
来春のアニメ化でも話題になっている1/100 ユニコーンガンダムの限定版、
チタニウムフィニッシュバージョンを半額で売っているのを見つけ買ってしまい・・
5fe27290430cd4a31cb436f534cc1a31.jpg

制作日記をブログでアップしようかと一瞬よぎりつつも
”ミニカー”ブログだというのを思い出し留まれました(笑)
そんなこんなでまだ作り始めてませんがこれから秋の夜長を暫く楽しめそうです♪


何はともあれ、
今回はAaの初代セリカの前期型です。

18日に発売され予約していたのが本日届き、
ちょうどシルバーウィークで時間を持て余していたのもあり(笑)
早速紹介させて頂きたく思います。

いつものように実車の説明を軽く入れつつ、
ミニカーを画像メインで紹介したく存じます。


1969年10月、
第16回東京モーターショーで1台の展示車が話題となっていました。

”EX-1”「エクスペリメンタル・カー(未来車プロトタイプ)」と呼ばれたこの車が、
セリカのコンセプトカーと言われている車です。

ceri011.jpg
The 16st Tokyo Motor Show 1969 「EX-1」
今でも充分通用しそうな格好いいデザインですねぇ

このモーターショーのちょうど1年後にセリカが発表されているため、
一般的には”EX-1”をベースとしセリカが誕生したと思われているそうですが
事実はそうではないようで、
トヨタのデザイン部門がセリカをベースに造り上げた
いわばセリカのショーモデル仕様であったそうです。

tm172.jpg
The 17st Tokyo Motor Show 1970 「CELICA」

第17回東京モーターショーにおいてセリカを発表。
販売品のセリカと違ってフロントバンパーも同色に塗られていたようですね。

01_l.jpg
そして、
その2ヶ月後の1970年12月に販売を開始し、
2006年4月の生産終了までの長いセリカの歴史の幕が上がります。

それまで定規で引いた線で構成されたような、
四角いデザインのセダン一辺倒だった自動車業界にとって
セリカのスリークな2ドアのクーペスタイルは、
“斬新”という言葉では説明しきれないほど新鮮だったそうです。

そのデザインの最大の特徴は、
ロングノーズ&ショートデッキの流れるようなプロポーション。

センターピラーレスの2ドアボディだったが、
クーペやハードトップ等の名称は使用せず
『スペシャルティカー』と称されました。

ちなみに、
「スペシャルティカー (Specialty car) 」とは、
自動車のカテゴリの一つで乗用車のシャシーをベースに、
スポーツカー風のボディを乗せたもので、
安い価格でスポーツカーの雰囲気が味わえるのが特徴。
スペシャリティカー、スポーティーカー、デートカーとも言う。

位置づけは「実用性そしてドライブの楽しさやオリジナリティを求めたクルマ」との事。


初代セリカはスタイルだけではなく、
パワーユニットもそれまでは高価なスポーツカーや
レーシングカーにしか搭載されてなかったDOHCエンジンが採用され
ハイスペックなメカニズムを装備された前衛的な車でした。


アメリカでフォード マスタングの“フルチョイスシステム”と言う、
販売方法が成功し人気があったのを模倣し、
(初代セリカが登場時はボディタイプは独立したトランクルームを持つ
2ドアハードトップクーペのみでしたが、)
日本で初めてユーザーの好みのエンジン、ギアボックス、内装、外装などを
自由に選べる“フルチョイス”と呼ばれるシステムを採用しました。
ただし、
最上級モデルの1600GTは“フルチョイス”の対象外。


車名の「CELICA」は、
スペイン語で「天の」、「天空の」、「神の」、「天国のような」という意味だそうです。

キャッチコピーは、
「未来の国からやってきたセリカ」、
「恋はセリカで」。 ←コレ好きです(笑)


初代セリカ中期頃には海外のモータースポーツにも積極的に参加し
1974年の南アフリカ・トータルラリーと
ニュルブルックリンク・ツーリングクラスで優勝。
1974年と1975年のマカオグランプリ連続総合優勝と、
レースで輝かしい戦績を残している。



1472.jpg
ラリーではオベ・アンダーソンとジョイントしWRCグループ2に参戦。

最高出力を135psまで上げたTA22型を搭載し
1972年と1973年のRACラリーで連続クラス優勝を飾りました。

_DSC7272.jpg
愛称の「ダルマセリカ」は、
正面から見たフロントマスクの鉄のバンパーが、
ヒゲを蓄えた「達磨」っぽかったからとの事。
確かに見えますね(笑)

当時の走り屋にかなり人気のあった車で今でも時折見掛けますね。

_DSC7277.jpg
前後共にバンパーが下の白を反射してしまっておりますが、
実車通りピカピカのメッキ処理されております。

画像で御確認できますように説明が不用なほどに細かく再現されており、
まさに初代セリカの決定版と言えるミニカーです!

左右テールランプの間のリアガーニッシュが、
実車と同じように開いて給油口も再現されているとのアナウンスがありますが
どうやって開けるのかが分かりません(^-^;A

_DSC7282.jpg
セリカのこのサイドビューはかなり好きです♪
当時のアメ車のようにリアフェンダーラインが盛り上がったデザインを
このモデルでも上手く表現されております。

_DSC7286.jpg
この初代セリカはAaより白・赤・水色と
3種類のカラーラインナップされており、
個人的な好みの黄色が欲しかったのですがリリースされなかったので
2番目の候補の水色を予約しましたが正解でした(^o^)

_DSC7288.jpg
Aaの塗装はハズレがなくて安心して購入できますね~
画像通りスカイブルーのメタリックでツヤツヤに塗装され
色ムラもなく高級感があり素晴らしいです。

_DSC7289.jpg
気になるパーツの合わせも隙間が空き過ぎず段差もありません。

_DSC7329.jpg
ホイールの造形も立体的で良くできております。
サイドウィンカーもオレンジの透明プラパーツで構成され、
各所接着剤のはみ出し、タンポ印刷のズレも見あたりません。

_DSC7336(1).jpg
搭載されたエンジンは、
ヤマハ製の直列4気筒2T-G型DOHCエンジン。
排気量は1588ccでソレックス型 ツインキョブ。
最大出力:115ps/6400rpm 最大トルク:14.5kg-m/5200rpm
トヨタの量産DOHCエンジンの先駆的存在となった名機です。

「おおっ!」と感じたのがボンネットのギミックです。
前回紹介させて頂いた京商のフェアレディZのとは違い、
ボンネット前部がぶつかって中途半端な開閉にならないように、
ボディとボンネットのつなぎ目も可変で稼働します。

AaのHP掲載モデルとは違いプラグコードが赤ではなく黒でした。

_DSC7305.jpg
トランク内はスペアタイヤが収納されているだけでいたく質素です。

_DSC7291.jpg
実車通りに黒一色で精悍さを強調された内装は見応えがある良い作りです。
角度的に写ってませんが計器類もちゃんと再現されております。

_DSC7292.jpg
折角なので助手席側からも。

_DSC7301.jpg
恒例の「開くトコロ全部あけてみました」の図です。

_DSC7303.jpg
最後に今回も後ろからも。


最近のAaの1/18サイズのミニカーは、
ショップによって1万円を切る値段での販売が多く
蒐集家にはありがたく嬉しいブランドです(^0^*

今回のセリカも素晴らしい出来で、
旧車ファンにとってもオススメの1台ですよっ!
今回も良い買い物をしました(´▽`)
コメント
この記事へのコメント
kojiさん、お久しぶりです。
「ユニコーンガンダム」・・・久しぶりの「宇宙世紀モノ」なので、
なにげに楽しみにしています。(UC以外は観ません^^)

さて・・・私も「セリカオーナー」なので、この記事はいつも以上に
興味深く読ませて頂きました。
このTA22ミニカー・・・よくできてますね・・・
色合いも、当時の(記憶の)青とドンピシャリ・・・
感心しながら拝見いたしました。
Aaさん、なかなかおいしい車種を選ぶので、いつか、
「ST185」の市販車仕様も・・・、1/18でモデル化を待っています(^^
2009/09/21(月) 19:42 | URL | junk_collector #-[ 編集]
kojiさん、お久しぶりです!

ガンプラ作りにハマっていらっしゃったのですか〜。
最近はプラモデルを作るだけの気力がないのですが、私もガンダム世代なので、完成品の模型を見かけると ついつい手にとって眺めてしまいます。
最近は、リサイクルショップでνガンダムが安かったので、かなり葛藤してました。
独り身だったら、きっと買ってしまったでせう^^;

今回の記事も楽しく読ませていただきました(^^)/
「CELICA」は、スペイン語だったんですね〜。
「恋はセリカで」のキャッチフレーズにしびれました(*^^*)
2009/09/22(火) 23:51 | URL | はら #RQcA4r4s[ 編集]
kojiさん、こんばんは!

同じくガンダム大好きな1人です!(^o^)/(笑)
カトキ版ユニコーン、半額とは安いですね〜!
制作日記、個人的にはぜひとも熱望致しますが、こちらでは無理なのですね・・・残念!
たしかにジャンル違いですもんね^_^;
私はもっぱら素組オンリーですが、器用なkojiさんのことですから、素晴らしい仕上がりになることでしょうね〜!
もし機会がありましたら、また完成品をどこかで拝見させてくださいませ♪

セリカ、今回も素晴らしい写真と共に堪能させていただきました。
ホイールの出来、そして内装の出来が素晴らしいですね!
あと、エンブレムの再現度が高いのに驚きました!
Aa、本当に良いメーカーさんですね(^_^)
2009/09/23(水) 20:21 | URL | スラ彦 #4euuRMTk[ 編集]
junk_collectorさん こんばんは!

ご無沙汰しておりました。
また返事が遅くなり失礼いたしましたm(_ _)m

おおっ!
junk_collectorさんも「ユニコーンガンダム」楽しみにしておりましたか(^0^*
先日ようやく最後まで小説を読み終わり、
来春のアニメまで待ち遠しかったところだったので
このプラモは良い”繋ぎ”になりそうです(笑)

やはりそうですよねっ
私も宇宙世紀モノ以外はどうも食指が伸びません・・


今回の前置きで前期型と後期型の違いや、
LBの事も載せようかと思いつつ割愛しましたが
興味深くお読み頂けたとのお言葉を頂戴でき光栄でございます♪

このセリカのミニカーは
巷ではあまり話題になっていないようですが、
非常に良く出来ておりますし、
コストパフォーマンス的にも優れた1台で
まさにAaの”おいしい車種”をモデル化してくれてた
逸品だと感じております。

いつかjunk_collectorさんの愛車の「ST185」
GT-FourやカストロールWRCもバージョン違いで出して欲しいですねぇ〜(*^_^*)

2009/09/24(木) 23:56 | URL | koji #JalddpaA[ 編集]
はらさん こんばんは!

お久しぶりとなり失礼致しておりました<(_ _)>

実は前回のBRE240Zの後に
一本記事を書いたのですがどうも気に入らず、
修正してアップしようと画策している内に
彼女との旅行や家族旅行に行ったりと
夏休みを満喫してしまっていた所に(笑)、
更にガンプラにハマっしまいました(^-^;A

確かに日常に戻りますと作る時間を確保するのが難しいですが
はらさんのように小さなお子さんがいらっしゃると
細かいパーツもありますし余計に難しいですよね・・

おおぉ
リサイクルショップでνガンダムが安く葛藤されましたかっ
そう言えば、
この「ユニコーンガンダム」はνガンダムとサザビーが闘った
「逆襲のシャア」の3年後の話なので
お楽しみ頂ける内容だと思いますよ♪

この度もお読み頂き誠にありがとうございます<(_ _)>
物心ついたころにセリカは既に当たり前にありましたので
意味やスペイン語由来等は
今回私も初めて知り目から鱗でした!

最近ロマンチック(!?)な国産車が無くて残念ですが、
「恋はセリカで」のキャッチフレーズはしびれますよねぇ(^v^)


2009/09/25(金) 00:20 | URL | koji #JalddpaA[ 編集]
スラ彦さん こんばんは!

やったー!
スラ彦さんもガンダム大好きな1人でございましたか(≧∇≦)b

ユニコーンの通常版は安く売っているのは時折見掛けますが、
このチタニウムフィニッシュの限定版を半額でゲットできたのは
まさに”天啓”だと感じました! 何の?(笑)

制作日記、
ジャンル違いを何食わぬ顔でスルーして
ササッと始めてしまおうかと悪い虫が騒ぎましたが(^-^;A
本道に戻れなくなったら恐いので
途中経過を”オマケ”的に載せようかと考えております(笑)
その折は覗いて頂けましたら光栄でございますm(_ _)m

早速先日シールドを仮組した折に全体的な状態を確認しましたら、
外装とバックパック等が特殊な色が付いているのでイジるのは難しそうなので、
個人的に気になる箇所を少し修正するだけの
ほとんど素組になりそうな予感もしておりますです・・
何はともあれ、
楽しみつつマイペースに仕上げたいと思います♪


写真は相変わらずカメラとレンズに頼りっきりですが、
ご覧下さり誠に恐縮でございます<(_ _)>

ボディの綺麗さについ目が行ってしまいますが
エンブレムの立体的な再現や内装・ホイールなど
抑えるところはしっかりとレベルが高く抑えてあり、
楽しんでカメラを向けることができました!

仰りますように、
最近特にAaは本当に良いメーカーに感じ、
今後のラインナップに非常に注目しておりますです(´▽`)
2009/09/25(金) 00:45 | URL | koji #JalddpaA[ 編集]
はじめまして、時々覗かせていただいております
今回、初代セリカAaから出て大変うれしく思っている一人です

思えば、70’の正月に新聞全面広告にて知った初代セリカでしたが、当時のインパクトは大変強くそれまでの国産車は唯の弁当箱に見えるぐらいな物でした
当時好きになった車といえば、フェラーリ365GTB/4デイトナ、プリンスR380といった現実的でない車が好きだった中で新車価格、確か88万円位のセリカが好きになり免許を取得したら絶対に買うぞと心に誓い18歳の春5年落ちの49年式(規制前)の1600GTを手に入れ6年間ほど乗っておりました当時、車歴が10年を越えると毎年車検という決まりでしたので乗っていることが困難になり手放しました

今回のAaのセリカ本当に良く出来ていますね自分もクリームイエローの個体が欲っかったのでしたがアナウンスされていなかったのでホワイトを予約購入いたしました 久しぶりに1/18のミニカーでしたが、大変良い買い物をしたと思います是非今後もセリカシリーズのリリースを願いところです

長文になり大変失礼いたしました、今後ともよろしくお願い致します。
2009/09/25(金) 22:19 | URL | へいすけ #-[ 編集]
へいすけさん 初めまして!

コメント下さりありがとうございます<(_ _)>

おおぉ
へいすけさん49年式のセリカにお乗りだったのですかっΣ(゚Д゚)
それはとっっても羨ましいです♪

365GTB/4デイトナやプリンスR380は、
今見ても色あせることなく格好いいですよね〜
当時のセダンばかりの国内では
セリカはさぞインパクトがあったのだろうなと
記事を書きつつ夢想しておりましたが、
実際に手に入れた方のお話を聞かせて頂き非常に興味深いです(*^_^*)

確か車検の制度って、
平成7年から新車登録10年目以降は毎年、
ではなくなったと記憶しておりますが
当時乗られていた方には大きな負担だったでしょうねぇ・・


先行で発売されたホワイト、
店頭で見掛けとても気になっておりました!
実際にセリカに乗られていたへいすけさんも
良く出来ているとお感じになるので証明されるように
Aaは素晴らしいミニカーを発売してくれましたので、
黄色もリリースして欲しかったというのは
贅沢な願望なのかも知れませんね(^-^;A

Aaの1/18ミニカーは
毎回良い買い物をしたと感じる出来で、
同じく今後是非ともセリカシリーズのリリースを切に願っております(^v^)

いえいえ、
私もいつも長文になってしまうタチですし(笑)
ご貴重なお話を聞けまして誠にありがたく、
またとても嬉しいですm(_ _)m

これからも時折覗いて頂けましたら光栄でございます!
こちらこそ今後ともよろしくお願い致します(´▽`)ノ
2009/09/25(金) 23:43 | URL | koji #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kojizm.blog93.fc2.com/tb.php/158-b81f5c35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。